事務所概要 Top    Site map
〒624-0937 京都府舞鶴市字西106(法務局前)
TEL 0773-76-0308 / FAX 0773-76-0220
営業時間 月〜土 9:30〜16:30
ご挨拶 業務内容 料金案内 個人情報の取扱い お問い合せ リンク

遺言書                           ※公正証書作成手数料の詳細はこちら

 

  遺言書とは・・・

   自分の死後、残された家族たちが相続トラブルに巻き込まれたり、争ったりするのは悲しいことです。
   また、生前にお世話になった人に遺贈したかったり、特定の人に相続させたくなかったりする場合もあるかも しれません。


   このような場合に、有効なのが遺言書です。
   自分の財産をどう分けるか、誰に残すかといったことを具体的に指定でき、 自分の意思を尊重してもらえるよう文書に 残せる
   のです。


   相続の意思をきちんと伝えておかないと、残された人たち(相続人)の間に争いの火種を残すことにもなります。
   生前に用意されることをお勧めします。



  遺言書には、以下の三つの種類があります。
  • 自筆証書遺言書
    遺言者本人が、自分 で、全文 ・ 日付 ・ 氏名 を書いて 押印 します。
  • 公正証書遺言書
    遺言者が、口述 で遺言内容を伝え、公証人(法律の専門家)が筆記します。
    証人に読み聞かせ、
    遺言者・証人 署名・押印 し、公証人 署名 して作成されます。
  • 秘密証書遺言書
    遺言者本人が、遺言書に 署名・押印 して封筒に入れ、同じ印鑑 で封印をします。
    公証人と証人の前に提出し、自分の遺言であることを証明してもらいます。
   
  〜比較表〜

   自筆証書遺言書   公正証書遺言書  秘密証書遺言書  
書く人  本人 公証人 本人(代筆も可)
証人  不要  2人以上必要 公証人1人と証人2人以上が
必要
印鑑  実印または認印  本人:原則 実印 実印または認印
 証人:実印または認印
署名・捺印   本人  本人・公証人・証人 本人・公証人・証人 
家庭裁判所の検認 必要 不要  不要 



  〜メリット・デメリット〜 それぞれにメリット・デメリットがあります。

   自筆証書遺言書  公正証書遺言書  秘密証書遺言書  
メリット

[ 長所 ]
 自分で手軽に書ける 適法な遺言書ができる 内容を秘密にできる
 費用がかからない 公証人役場で保存するため
管理が安心
偽造や変造を防げる
内容も存在も秘密にできる  ― 署名・押印ができれば自分で
書けない人でもできる
 ― 公証人手数料が安い 
デメリット

[ 短所 ]
方式の不備により無効に
なることもある
証人の立ち会いが必要 証人の立ち会いが必要
紛失のおそれがある  遺言を秘密にできない
(証人・公証人には知られる) 
紛失のおそれがある 
第三者による改ざんの
おそれがある
公証人手数料が多少かかる  内容が不適格で無効になる
こともある 
 家庭裁判所での検認が必要  家庭裁判所での検認が必要


   自筆証書遺言書 公正証書遺言書 秘密証書遺言書
手軽さ
費用
秘密性(内容)   
秘密性(存在)     
 管理  ○
改ざんのおそれ   ○  
 紛失のおそれ  ○
有効性   ○



以上のようになります。
それぞれの特徴を見比べ、ご自分の用途にあったものを作ることが必要です。

ただ、
自筆証書遺言書 は、ご自分の死後、存在が知られないままになったり、第三者に改ざんされることもあり、紛争の原因となる
可能性もあります。
内容が
公的に保障 されているということは、とても大切なことです。

また、
公正証書遺言 は、公証人役場に一部 保管 されますので、もし、紛失しても謄本をとることもできます。
安全性・確実性の観点からは、費用は少しかかりますが、公正証書遺言書 を作られることをお勧めします。


TOPSite Map事務所概要ご挨拶業務内容料金案内個人情報の取扱いお問い合せリンク
Copyright(C) 2013 張本貴子行政書士事務所 All Rights Reserved.Produced by yauko.